Untolled Wrap Up

Nagoya Players presents Untolled

(日本語は英語に続く) Nagoya Players’ first non-musical musical, Untolled, successfully completed its weekend run. It was a challenging but delightful experience. Untolled certainly did not have the glitz and glamor of a Broadway show, but it did have a ton of heart and was performed with passion and sincerity, which made it both entertaining and memorable.

Untolled was a show overflowing with creativity and originality, perhaps maybe too much so. The cast’s dedication to executing writer and director Joe Sichi’s vision was admirable. Everyone poured their hearts into this production, and their passion shone through on stage.

The non-musical musical format is a new invention, and it was in some ways a breath of fresh air. While the story’s plot might have been a bit perplexing, the overall concept was engaging. The music was infectious, with catchy melodies and clever lyrics. The combination of live musicians on stage and characters transforming into singers was charming.

One of the more extraordinary aspects of this production was the international community that was formed. Untolled brought together voices from all over the world—from Indonesia, the USA, England, Japan, Russia, the Philippines, Australia, and Brazil. It was inspiring to watch all these people of different backgrounds, cultures, and lifestyles come together and bring the show to life.

Untolled may not have had the budget or resources of a Broadway production, but it had something even more valuable: heart. The passion, creativity, and dedication of the cast and crew were evident throughout. It was a memorable experience and a great example of the power of community theater.


Nagoya Players presents Untolled

「Untolled」は名古屋プレイヤーズ初の試み、ミュージカルではないミュージカル。

無事に千秋楽を迎えることができた。

とても難しい挑戦もあったが、楽しみながら制作をすることができた。

ブロードウェイミュージカルのように予算もなく、華やかでも本格的でもないが、役者たちは情熱的に真摯に取り組み、愛情で溢れていた。

今までになく、エンターテイメント性がある忘れられない作品となった。

「Untolled」は多くの芸術家が集まって作った。もしかしたら多すぎたかもしれない…とも思う。
役者たちは、演出家で共演者でもあるJoe Sichiのビジョンを再現しようと努力した。
役者、スタッフ、関わった全ての人の想いと情熱が溢れる舞台に仕上がった。

ミュージカルではないミュージカル、今まで誰もやっていない分野だと思うが、その新鮮な試みは新たな演劇スタイルにもなるのではないだろうか。ストーリーは少々難解ではあったが、コンセプトは面白かった。
ミュージシャンが演奏した印象的で効果的な歌詞とメロディに合わせて役者たちが歌いながら演じる姿はとても可愛らしい。

この舞台のもう一つの成功の鍵はなんといっても国際色豊かなキャストだったことだ。
インドネシア、アメリカ、イギリス、日本、ロシア、そしてフィリピンにオーストラリアとブラジル。世界中の声が舞台で響き渡った。生まれも育った環境も文化も違う者たちが集まり、ひとつの作品を作り上げるのは、演劇そのものが彼らの生活の一部になっていっているのだと思わさせられた。

「Untolled」は無論ブロードウェイ作品のような価値は生み出してはいないが、そこにあった心や情熱、創造力、そして役者やスタッフが全力で協力した舞台はそれ以上の価値にも値する。忘れられない作品であり、コミュニティーシアターの価値と意義を再確認することができた。

Show Program

Photo Gallery

Photography courtesy of Geoffrey Griggs Photography.